• 03-5413-7912

    完全予約制(電話受付 10:00~18:30)

  • 六本木駅直結 ミッドタウン・タワー6F

    診療日:月~土 10:00~12:30/14:30~17:30
    定休日:日・祝

WEB予約
お問い合わせ
ENGLISH:英語サイトへ

03-5413-7912

完全予約制(電話受付 10:00~18:30)

WEB予約
お問い合わせ

歯が痛い・しみる

歯が痛い・しみる

歯のしくみ

歯が痛い

私たちの歯の内部には「歯髄腔(しずいくう)」と呼ばれる空間が存在し、歯の神経と血管から構成される「歯髄」が分布しています。その歯髄は象牙質に、そして象牙質はエナメル質に覆われています。いわゆる「歯痛」は、歯髄に刺激が加わることで生じます。

歯が痛む原因

歯が痛む場合、まず疑われるのは「むし歯」です。その他、「歯周病」や「知覚過敏」なども 原因として考えられます。

むし歯(う蝕)

歯が痛い 歯が痛い

タップで画像を拡大

むし歯になるとC1という口の中の細菌が産生した酸によってエナメル質が溶かされる段階になりますが、エナメル質には歯の神経が分布していないため、痛みを感じることはありません。ただし、象牙質には歯髄の一部が入り込んでいるので「C2」まで進行すると、冷たいものや甘いものがしみるようになります。「C3」になると、歯の神経そのものが汚染され、激しい痛みを伴うようになります。「C4」に至っては歯の神経が死んでしまうことで、歯痛が消失するという現象が起こります。

歯周病

歯周病は、歯を支えている歯ぐきや骨に炎症が生じる病気です。重症化すると、歯痛と混同しがちな痛みを伴うことがあります。

知覚過敏

本来はエナメル質に覆われている象牙質が、何らかの原因で露出してしまうと、冷たい液体や風などによって神経が刺激されることがあります。これを知覚過敏と言い、痛みに近い感覚を覚えることがあります。象牙質が露出する原因は、加齢によって歯肉が下がってくることや、歯の破折(歯が折れること)などです。 過度なブラッシングによっても引き起こされることがあります。

その他

その他、正常に生えていない親知らずによる痛みや顎関節症による咀嚼(そしゃく)したときに感じる顎の関節の痛み、歯磨きなどをしているときに感じる三叉神経痛、原因不明の歯痛(非定型歯痛)なども挙げられます。

歯が痛むときの治療

歯が痛むときの治療法は、原因によって異なります。

むし歯

むし歯治療は、むし歯がどの段階まで進行しているかによって異なります。

「むし歯の治療」について詳しくはこちら

歯周病

歯周病治療は、歯垢や歯石の除去、進行具合によっては噛み合わせの調整などに加え、日ごろのプラークコントロールが重要です。

「歯周病の治療」について詳しくはこちら

知覚過敏

知覚過敏は、軽度であれば自然に治ることがあります。また、フッ素塗布を行うと歯質が強化され、症状が起こりにくくなる場合があります。中等度の知覚過敏では、薬剤や歯科用材料で露出した象牙質を覆う処置がとられ、重症の場合は歯の神経を抜くこともあります。

こんな症状で
お悩みではありませんか?

国内外で専門分野の技術を磨いた医師が、お一人おひとりのお悩みに親身に向き合います。どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

受診の予約やご相談、治療へのご質問など
お気軽にご連絡ください。

03-5413-7912

番号をタップでお電話できます

  • 完全予約制

  • お電話受付時間
    10:00~18:30

  • 診療受付時間

  • 月~土:10:00~12:30
    14:30~17:30

  • 定休日

  • 日曜日・祝日

受付
時間

10:00

12:30
×
14:30

17:30
×

〒107-6206  東京都港区赤坂9丁目7−1
ミッドタウン・タワー6F

・ 東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線「六本木駅」より直結

・ 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩3分

・ 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩8分

地上アクセス

東京ミッドタウンデンタルクリニック:アクセスマップ

*タップで地図を拡大

クリックで地図を拡大
一緒に働くスタッフを募集しております:求人情報バナー
ページトップへ