HOME >お知らせ >学術業績

お知らせ 総合医療施設「東京ミッドタウンメディカルセンター」の最新情報をお届けします。

最近のお知らせ
カテゴリ

学術業績

2021年9月の日本人間ドック学会にて、「クリニック受診者における新型コロナ抗体保有率の推移」を発表しました。東京ミッドタウンクリニック・日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニックにおける人間ドック
当クリニック院長 田口 淳一医師と、日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック副院長 反頭 裕一郎医師、リゾートトラストのグループ企業であるトラストガーデン株式会社 シニアライフ事業企画部 看護・機
当クリニックと昭和大学脳神経外科の共同研究として、日本人における脳動脈瘤の発生率を検討しました。 田口院長は、著者の一人として論文の作成に参加しております。 当研究におけるMRI検査は撮影および読影を
産婦人科専門医・吉形玲美医師と、せんだい総合検診クリニックで実施した、「エクオール含有食品によるAGEおよび内臓脂肪面積の改善効果と各パラメータへの影響について -ランダム化群間比較-」の研究結果
当クリニックの渡邉美和子医師が、『第19回日本抗加齢医学会総会(6/14~6/16)』にてお弁当の監修をおこないました。監修されたお弁当3種類は、ランチョンセミナーで連日参加者に提供され、同総会セミナ
4月にアメリカ合衆国アトランタで開催された「2019年米国癌学会」にて、東京ミッドタウンクリニックの赤城一郎医師が、miR-141-3pの食道扁平上皮がんにおける新しいバイオマーカーとしての可能性を
当クリニック婦人科 吉形玲美医師と、医療法人社団進興会 せんだい総合健診クリニック(院長 石垣洋子医師)で実施しているエクオール産生能(※1)と腸内環境および食習慣ならびに生活習慣関連因子の関係
9月にカナダで開催された「第19回世界肺癌学会議」にて、東京ミッドタウンクリニックの吉田純司医師が加熱式タバコの特性と日本での流通状況に関し講演。その講演内容と先生の写真が会場内で配布されるNew
Hospital Management Asia 2018(2018年9月13~14日)にて、田口院長が講演。その中で、人工知能を活用した医療への取り組み事例として、FRONTEOヘルスケア社の「転倒
今年5月に掲載された、米国の医学専門誌『Journal of Nutrition & Food Sciences』オンライン版(2018年5月10日付)の掲載内容に加え、長期的な食習慣とエクオール産生