HOME >お知らせ >田口総院長・キン医師・吉形医師による
エクオール産生者の優位性に関する研究論文が医学雑誌に掲載されました

お知らせ 総合医療施設「東京ミッドタウンクリニック」の最新情報をお届けします。

最近のお知らせ
カテゴリ

遺伝子検査モラル

お知らせ

田口総院長・キン医師・吉形医師による
エクオール産生者の優位性に関する研究論文が医学雑誌に掲載されました

当クリニックや浜松町ハマサイトクリニックの医師グループ(吉形玲美医師、キン ゼッヤーミン 医師、田口淳一医師)による、エクオール研究の2つの論文がそれぞれ医学雑誌に掲載されました。

この2つの論文には、株式会社ハイメディックが運営・管理する会員制総合メディカル倶楽部「グランドハイメディック倶楽部」の検診データを活用しています。 466名の対象者(ハイメディック検診受診者)のデータを元にし、継続的にエクオール研究を行なってきた当医師グループの研究として初めて男性のデータを使用しました。

※本研究に同意をいただいた方の検診データを使用

本研究では、男女ともにエクオール産生能の優位性およびエクオール産生能検査の有用性が認められました。
また、5つの異なるエクオール検査精度を比較した上で、血清および尿中のエクオール濃度により、エクオール産生者の健康上のメリットの評価指標を検証しました。

  • ミッドタウンクリニック医師グループのエクオール研究として初めて男性のデータを使用
  • 466名のハイメディック検診受診者のデータを元に分析した2つの論文が医学雑誌に掲載
  1. ①「日本人男女466人を対象としたLC-MS/MS法によるエクオールの血中および尿中濃度の比較とエクオール産生に関連する因子の検討」
    Comparison of blood and urine concentrations of equol by LC-MS/MS method and factors associated with equol production in 466 Japanese men and women『PLOS ONE』2024年3月21日/吉形玲美、キン ゼッヤーミン〈Khin Zay Yar Myint〉、田口淳一[以下、論文①]
  2. ②「エクオール産生者の5つの異なる定義の比較:466人の健康な男性および女性における血液と尿中のエクオール濃度と血液パラメータとの関係」
    Comparison of the five different definitions of equol producers: The relationship between blood and urine equol concentrations and blood parameters in 466 healthy men and women(『Clinica Chimica Acta』557号2024年/キン ゼッヤーミン〈Khin Zay Yar Myint〉、吉形玲美、田口淳一[以下、論文②]
  • 男女ともにエクオール産生能の優位性およびエクオール産生能検査の有用性が認められた
  • 5つのエクオール検査を比較検証、血清・尿中のエクオール濃度により、健康上の利益を評価できる指標を確認
ビジネスモデル

【論文① 研究結果】

「日本人男女466人を対象としたLC-MS/MS法によるエクオールの血中および尿中濃度の比較とエクオール産生に関連する因子の検討」
Comparison of blood and urine concentrations of equol by LC-MS/MS method and factors associated with equol production in 466 Japanese men and women(『PLOS ONE』2024年3月21日/吉形玲美 、キン ゼッヤーミン〈 Khin Zay Yar Myint〉、田口淳一)

〈研究背景と目的〉

これまでの継続的な研究により、女性のエクオール産生者の健康的な優位性や、エクオールの作用が明らかになっている。本研究では、男女のエクオール産生者の状態を調査し、健康上のメリットとの関係を考察した。

〈結果〉

a.前立腺がんのリスク指標であるPSAがエクオール産生者で有意に低く、
・前立腺疾患リスクの低減
が期待できる。一般にエクオールで知られているメカニズムから、ジヒドロテストステロン(DHT)産生の抑制効果によりPSAが低くなるものと考えられる。DHT産生の抑制は男性型脱毛の抑制にも関連する。

◎PSA(前立腺特異抗原)とジヒドロテストステロン(DHT)

PSAは前立腺細胞から分泌されるタンパク質。血液中のPSA値が高いと前立腺がんのリスクが高くなる。ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンであるテストステロンから変換された活性型のホルモン。ジヒドロテストステロンは産生過剰になるとPSA値を高める要因となり、前立腺がんのリスクを高めるほか、脱毛を促進する。

b.それ以外のパラメータでエクオール産生者の優位性も示された。
・男性―LDL コレステロールが有意に低い
・女性―LDL コレステロール、中性脂肪、尿酸が低い

これらは、一般にエクオールで知られているメカニズム から、
・肝臓での脂質合成の抑制作用
・抗動脈硬化作用による腎血流改善

の効果によるものと考えられる。このほか、エクオールは強い抗酸化作用を有すことや、血管壁へは一酸化窒素NOの産生による直接的な抗動脈硬化作用もあることから、男女とも各種生活習慣病への好影響が期待される。

※参考:以前のエクオール女性研究

「健常女性743名におけるエクオール産生能の有無による年代別生活習慣病関連リスクへの関与」
(2015年北米閉経学会発表・学会賞、医学雑誌『Menopause』掲載/吉形玲美)

  • 50代のエクオール産生者は非産生者と比較し、体脂肪率、CT内臓脂肪面積、血圧脈波(baPWV)、中性脂肪(TG)において有意に低値を認め、ロジスティック解析では尿酸、EPA/AAにおいて優位な関連を認めた。
  • 60代のエクオール産生者は非産生者と比較し、HDLコレステロールにおいて有意に高値を認めた。ロジスティック解析では尿中NTX、ホモシステインにおいて優位な関連を認めた。

〈結論〉

これまで当グループ医師の研究で明らかになっていた女性のエクオール産生者の健康的なメリットに加え、男性のエクオール産生者にも健康への有益性が示された。

【論文② 研究結果】

「エクオール産生者の5つの異なる定義の比較:466人の健康な男性および女性における血液と尿中のエクオール濃度と血液パラメータとの関係」
Comparison of the five different definitions of equol producers: The relationship between blood and urine equol concentrations and blood parameters in 466 healthy men and women(『Clinica Chimica Acta』557号2024年 キン ゼッヤーミン〈Khin Zay Yar Myint〉、吉形玲美、田口淳一)

〈研究背景と目的〉

エクオール産生者の定義は判定方法によりさまざまで、これまでエクオール産生者の異なる定義を比較した研究はなかった。今回の研究では、エクオール産生者の5つの異なる定義の特徴や違いについて同対象者のデータを用いて検証し、健康上のメリットとの関連性の正確性について探ることを目的とした。

〈方法〉

22歳から88歳までの466人の健康な日本人男性および女性を対象とし、一般的に使用される5つの定義を用いて、対象者の血清および尿中のイソフラボン濃度からエクオール産生者の割合を計算した。その後、それらの正確さと血液パラメータとの関連を調べた。

〈結果 〉

エクオール産生者の割合は、血清および尿中のエクオール濃度が一番高い最も厳格な定義では29%から、血清および尿中のエクオール濃度が一番低い最も感度が高い定義では47.6%まで幅があった。最も厳格な定義でのエクオール産生者の場合、男性ではLDLコレステロール、女性では高感度CRPなど動脈硬化リスク因子と負の関係が一番強かった。

〈結論〉

5つの異なるエクオール産生者定義において、男女ともに健康上の利益が示された。最も厳格な方法では最大の有益性が得られる可能性があり、体内のエクオール濃度を一定に保つことの重要性が示唆された。今後は食事調査と組み合わせることやエクオールサプリメントの介入研究などで、エクオールの健康への有益性をより正確に評価することができる。

対象データ「論文①」「論文②」同一)

ハイメディック検診の検診データ
22歳から88歳までの健康な男女466人(男性292人、女性174人)
2016年6月から2017年12月まで

※本研究に同意をいただいた方の検診データを使用

◎エクオールとは?

エクオールは、大豆に含まれる大豆イソフラボンが「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌によって代謝されてできる成分。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」とよく似た構造を持ち、さまざまな健康上のメリットが確認されています。

更年期症状の緩和/抗酸化作用/骨粗しょう症予防/メタボ改善/美肌効果など

>>本研究について詳しくはプレスリリースをご覧ください
https://www.amcare.co.jp/news/uploads/PR_release_equolresearch_amc20240620.pdf