HOME > 外来診療 > がんの遺伝カウンセリング外来

がんの遺伝カウンセリング外来

がんの遺伝カウンセリング外来

このページを印刷する

東京ミッドタウンクリニックではこの度、がんの遺伝カウンセリング外来を開設いたしました。がんは日本人の2人に1人が罹ると言われる一般的な病気ですが、全てのがんのうち5~10%は遺伝要因が強く影響して発症すると推測されています。

当院では、遺伝の専門家である日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医を中心に遺伝性のがん(家族性腫瘍)の詳しいリスク評価が可能です。
がんの発症リスクを正しく知ることにより、がんの予防、早期発見、治療選択、家系全体の健康管理に役立てていただけることを目指しています。

遺伝性のがん(家族性腫瘍)とは

遺伝要因が強く影響して発症する遺伝性のがん(家族性腫瘍)には、以下のような特徴があります。

・がんに罹った人が特に多い(目安として3人以上)
・若くして(目安として50歳未満)がんに罹った人がいる
・何度もがんに罹った人、様々な部位にがんができた人がいる

このような場合には、がんに罹りやすい体質が受け継がれている可能性があります。

当院で可能ながん遺伝カウンセリングについて

当院では下記2つの家族性腫瘍について遺伝カウンセリングを行っています。

【遺伝性乳がん卵巣がん】
特定の遺伝子の変異が受け継がれることにより、家系内で乳がんや卵巣がんが一般より高い頻度で発症すると言われます。家系内の男性では男性乳がんや前立腺がんの発症リスクも高まります。

【リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸がん)】
遺伝情報の修復に関わる遺伝子の変異により、大腸がんや子宮体がんの発症リスクが高まります。日本人では胃癌のリスクも高まると言われています。

このような病気ではいずれも、家系内で複数の患者、若い発症、同じ人に複数のがんの発症などの特徴がみられることが多いです。

遺伝子検査による診断

家族性腫瘍の中には、遺伝子検査を受けることで診断可能なものがあります。当院では、遺伝性乳がん卵巣がん、およびリンチ症候群の遺伝子検査を提供しています。
遺伝子検査を希望される方には、必ず事前に遺伝カウンセリングを受けていただき、遺伝子検査の適用基準や意義、限界などについて理解していただいた上で、受検するかしないかを決めていただきます。

*遺伝子検査をご検討の方へ*

ご自身で家族性腫瘍リスクのチェックができる問診票をご用意しております。
下記よりダウンロードの上、ご利用ください。

>>遺伝性がんチェック表(PDF:216KB)

※チェックの上、1群・2群どちらか一方の合計が4点以上の方 は、
まずは遺伝カウンセリングによる詳しいリスク評価をお勧めしております。

遺伝カウンセリング料金

遺伝カウンセリングは自費診療になります

遺伝カウンセリング料(税込)

約60分(完全予約制)
初診: 10,800円
再診:  5,400円
※遺伝子検査を受ける場合は別途検査料が必要です。

遺伝カウンセリングQ&A

がんの遺伝カウンセリングでは、遺伝性のがん(家族性腫瘍)の可能性について詳しい遺伝的評価を行います。家族性腫瘍の可能性が高いと考えられる場合には、適切な医療管理に入っていただくための情報をご提供します。家族性腫瘍においては複数の特定臓器にがんが発生する可能性があり、適切な検診体制でのフォローアップが必要となります。また、患者様のご希望に応じて確定診断のための遺伝子検査をご提供できます。検査によって病気を引き起こす遺伝子変異が検出された場合は、ご兄弟やお子様など未発症のご親族についても遺伝子検査が可能となります。家族性腫瘍に関わる遺伝子変異が受け継がれている場合は、早い段階から予防や早期発見のための対策を立てることができます。

遺伝性のがんには、(1)親族の中でがんに罹った人が特に多い(目安として3人以上)、(2)若くしてがんに罹った人がいる(目安として50歳未満)、(3)何度もがんに罹った人や様々な部位にがんができた人がいる、などの特徴があります。このような場合には、がんに罹りやすい体質が受け継がれている可能性があります。
当クリニックで対象にしている「遺伝性乳がん卵巣がん」では、家系に乳がん、卵巣がん、膵臓がん、前立腺がんが生じやすいと言われています。 「リンチ症候群」では、大腸がん、子宮内膜がん(子宮体がん)、胃がん、卵巣がん、膵臓がん、胆道がんが生じやすく、稀ですが小腸がん、腎盂・尿管がん、脳腫瘍も発生することがあります。
ただ、家族性腫瘍の原因は「がん抑制遺伝子の変異」であることが多いので、上記以外の部位にもがんを引き起こすことがあります。

遺伝カウンセリングでは出来るだけ広範囲の家系情報を収集しますが、最低限いとこを含む第3度近親*までの病歴(疾患名、発症年齢など)が分かれば遺伝的評価に役立ちます。
*遺伝医療では法律用語の親等ではなく、遺伝子の近さの尺度である「第○度近親」を用います。本人と遺伝子を50%共有する両親・子・兄弟姉妹が第1度近親、祖父母・孫・おじ・おば・甥・姪が第2度近親、いとこなどが第3度近親になります。

遺伝カウンセリングに年齢制限はありません(中学生以下のお子様の場合、理解を助けるために保護者の同伴をお願いしています)。遺伝子検査に関しては成人の方を対象にご提供しています。未成年者に関しては、自分の意思で遺伝子検査の受検を決定できる年齢(原則として20歳以上)になってからのご提供となります。

がんを発症した後も、遺伝的なリスク評価を経て、適切な術後フォローアップなどに関する情報提供が可能です。ご自身のみならず、お子様などご親族の方の遺伝的なリスク評価を行うことにより、予防や早期発見に役立つ可能性があります。

遺伝カウンセリングのご受診方法

まずは下記のWEBお問い合わせフォームより、必要事項をご記入の上お問い合わせください。
通常1週間以内に当院よりメール又はお電話にてご連絡をさせていただきます。

※ご相談の内容によってはお返事に日数がかかる場合がありますのであらかじめご了承ください。

WEBお問い合わせフォームへ



がんの遺伝子カウンセリング外来
お問い合わせ 03-6890-0031 10:00~17:00

受付時間:平日(月~金) 10:00~17:00  休診日:土曜・日曜・祝日