HOME > エグゼクティブ医療サービス > メニュー紹介 > バイオフィジカル250/アドバンストCA/CV/D > バイオフィジカル250の特徴

エグゼクティブ医療サービス

バイオフィジカル250 Biophysical 250

バイオフィジカル250の特徴

このページを印刷する

バイオマーカーとは

血液には驚くほど多くの情報が隠されています。この情報を知らせてくれる=体調の変化・疾病の早期発見のカギになるのが血液の成分である「バイオマーカー」です。「バイオマーカー」とは血液中の化学物質やタンパク質(コレステロール、前立腺特異抗原(PSA)など)のことで、あなたのからだの中で起きている現象を反映します。

Biophysical250は血液の中にある250のバイオマーカーを測定し、より総合的なアプローチで血液化学検査を評価します。こうしたバイオマーカーは、医療専門家には広く知られていますが、一般の方々には十分に理解されていません。こうした情報を分析(早いほど良い)することで、選択肢が十分にある段階で、医師と共に結果に基づき、あなた自身で健康管理に関する意思決定ができることになります。

一度の採血で250項目のバイオマーカーを検査

一般的な人間ドックでも20~40項目の血液検査を行いますが、バイオフィジカル250は実に250項目以上の検査を実施します。

従来の技術では、これほどの検査を行うためには大量の血液と300~400万円以上という多額の費用が必要でしたが、この「バイオフィジカル250」は通常必要な量より少量の血液で、しかも費用は1/4程度で検査を行うことができます。

「バイオフィジカル250」は米国有名大学の研究室(UCLA、コロンビア大学 他)と共同して、検査項目の更新を毎年行っています。バイオフィジカル250は最新の医学研究を基にした最先端のバイオマーカー検査です。

スーパーミッドタウンドックの特徴

米国検査風景

あなたの体は常に変化しています。

体の変化には、体重の増減、トレーニング中に肉離れを起こす、インフルエンザにかかるなど、わかりやすいものもあります。しかしながら、そう簡単に発見できない変化の場合はどうでしょうか? 症状にでない変化や、標準的な検査や診察では発見されない、あるいは発見することのできない変化もあります。こうした変化はときとして、あなたの健康への脅威となります。

Biophysical250は、現在あなたの体の中で起きていることをいち早く知る検査です。

39歳男性の例

名称 検査項目 範囲外 範囲内 正常範囲
通常の糖尿病検査 血糖値   92 74-109 mg/dL
ヘモグロビンA1c   5.7 4.6-6.2%
上記項目に加えさらにBiophysicalで
検査するバイオマーカー
インスリン 15.3   <5.4 uIU/mL
レプチン 19.4   <6.9 ng/mL
アディポネクチン 3.2   >=4 ug/mL

通常の糖尿病検査は正常でしたが、

Biophysicalで追加された項目の値が基準値以外です。

↓

糖尿病のリスクが高いと判明
早期発見により、早めに対策を求めることができるでしょう。

バイオフィジカル250で分かること

バイオフィジカル250では、健康リスクを11のカテゴリーに分類して、すべてのバイオマーカーを総合的に解析し結果を判断しています。

検査レポートの一例

これはレポートのほんの一部ですが、Biophysical250の提供する情報が驚くほど詳細であることが分かります。心血管疾患だけで、約30のバイオマーカーがあり、数値だけでなくリスクを3色に分け、分かりやすくしています。

11の医学分野

  1. 1.自己免疫疾患
  2. 2.がん
  3. 3.心血管疾患
  4. 4.糖尿病
  5. 5.内分泌疾患
  6. 6.疲労
  1. 7.血液疾患
  2. 8.免疫/炎症性疾患
  3. 9.筋骨格疾患
  4. 10.栄養状態
  5. 11.臓器システム

さらに詳しい解説はこちら

バイオフィジカル12のカテゴリ