東京ミッドタウン会員制医療サービス『プライベートドクター』は、東京ミッドタウンメディカルセンターの医療サービスの中でも更に質の高い医療サービスのご提供と全方位的なサポートを目指して開設いたしました。

現在の日本の人々のライフサイクルと医療機関の常識では、私たちの目指す'質の高い医療サービス'の実現は容易ではありません。

当クリニックの『プライベートドクター』は、そんな中で極力皆さまが最良のコンディションで日々のライフワークを楽しんでいただけるよう、私たちがお奨するものです。

時代と共に、"医療"の概念が変わり、以前は「治療」のためのみの医療でしたが、今や未然に防ぐ「予防」をしながら万が一の治療にも即座に対応できる医療が求められていると考えます。

『プライベートドクター』は最先端の医療知識と医療技術をもっての健康診断、外来診療だけでなく、アンチエイジング、美容、歯科、栄養指導に至るまで「健康」と「美」をあらゆる観点から全面的にサポートします。

経験豊富な専門医による予防と治療の提案、最新の設備と検査技術、さらに心に対する負担を考えたケアを併せてコンシェルジュによるプレミアムなホスピタリティーにより、年間を通じて皆さまの今の健康をより良い状態に昇華させられるよう、私たちが自信を持ってフルサポートさせていただきます。

医療法人社団ミッドタウンクリニック理事長
草野 敏臣 (消化器外科医師)
1975年 長崎大学医学部卒業。国立がんセンター外科レジデント、国立長崎中央病院外科医長、琉球大学医学部第一外科助教授、米国カルフォルニア大学サンフランシスコ校外科客員教授を経て、 2010年 東京ミッドタウンクリニック常任理事として勤務。 2011年 医療法人社団ミッドタウンクリニック理事長に就任。

東京ミッドタウンクリニック院長
田口 淳一 (循環器科医師)
1984年 東京大学医学部卒業。1993年 ワシントン州立大学へ留学。東京大学医学部附属病院助手、宮内庁侍従職侍医、東海大学医学部付属八王子病院循環器内科助教授を経て、2007年 東京ミッドタウンクリニック院長に就任。

東京ミッドタウン特別診察室長
渡邉 美和子 (内科医師)
1994年北里大学医学部卒業。慶應義塾大学病院内科学教室へ入局し、1999年渡米。 2001年寺下医学事務所医療判断部医長、2003年医療法人社団桃蹊会理事長、2005年マリーシアガーデンクリニック総合診療部医長、2007年同院長就任。2011年より東京ミッドタウン特別診察室長に就任。

このページの先頭へ