HOME >暮らしの健康だより

TMMCドクターに聞く!暮らしの健康だより暮らしに役立つ健康情報をお伝えします。 暮らしに役立つ健康情報をお伝えします。

最近の健康だより
アーカイブ


暮らしの健康だより

冬から始める、「花粉症治療」

もはや国民病とも言えるほど、春先にたくさんの方が悩むスギやヒノキの花粉症。
マスクや眼鏡での対応は有効ですが、効果が十分でない場合も多いようです。
花粉症の対策はまだ早い?いいえ、冬から始めるとっておきの治療法をご紹介しましょう。

監修:橋本 亮 医師

どのようにして発症するのか。

tabako_05.jpg

目や鼻から花粉などの異物(アレルゲン)が侵入し、リンパ球が花粉を異物と認識すると、まず「抗体」が身体の中に作られます。 そしてその後再び花粉が体内に入ると、抗体は目や鼻の粘膜にある肥満細胞と結合します。


すると、肥満細胞からヒスタミン等の化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水・鼻つまり、目のかゆみや充血・涙などの症状が引き起こされるのです。
ちなみに鼻づまりは鼻水が詰まっている訳ではありません。鼻の粘膜が腫れて、空気の通り道が狭くなった状態です。関東地方では、スギ花粉は2月頃から飛散がはじまり4月下旬より飛散が少なくなります。


ヒノキ科花粉は3月飛散がはじまり、5月下旬まで飛散は続きます。日本では、スギやヒノキ以外にもイネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすと言われています。 体質による差はありますが、花粉症の発症にはこれまでに花粉を吸ってきた量が関与するとされています。

花粉症の対策・治療。

花粉量の治療には対症療法と根治療法があります。対症療法とは、今ある症状を緩和するための治療。様々な薬剤があり、症状に応じて薬剤の選択を行っています。


薬剤の投与は花粉飛散開始とともに始める初期治療が推奨されており、症状が出現してから薬剤を内服し始めるより有効であることが示されています。


根治療法とは、症状を引き起こす原因を断つ治療法。外出時にマスク・眼鏡を使用する、掃除(特に窓際)の励行、帰宅時に衣服や髪の毛を払うなど、花粉をできるだけ避けるセルフケアも大切ですが、クリニックで行う根治療法としては「減感作療法」と呼ばれる治療法があります。

ヒスタグロビンによる非特異的減感作療法とは?

tabako_05.jpg

ヒスタグロビンという薬剤には、アレルギーの原因となるヒスタミンの放出を抑える作用やヒスタミンに対する抵抗力を与える作用、アレルギー症状の悪化・慢性化を引き起こす好酸球の浸潤を抑える作用などがあり、花粉症の非特異的減感作療法としても用いられています。


アレルギー性鼻炎に対しては 6~7割程度の有効率とする報告があります。この薬剤は、日本で採血された血液が原料となっています。血液を原料とした製剤であることから、ウイルスを取り除く処理を行っており、現在までにこの注射によるウイルス感染は確認されていません。


なおミッドタウンクリニックでは抗アレルギー作用を有するノイロトロピンを併用しています。

今から備えましょう。

ヒスタグロビンは通常、成人は週1~2回、小児は週1回、皮下に注射します。花粉症では、3回または6回を目安とし、効果を見ながら更に使用期間を決めていきます。
効果が現れるまでには時間がかかるため、2月からのスギ花粉症シーズンに備えて早めに始められることをお勧めします。

*保険が適用されます。効果には個人差がありますので予めご了承ください。

tmmc_kuraken20141218_img_03_03.jpg

花粉症治療は当クリニック総合診療科にてご受診いただけます。

→診療スケジュールはこちらから

監修:大蔵 暢 医師

■せん妄と認知症の違いとは?

せん妄とは、高齢者に多く発症する一種の意識精神障害。症状が認知症と似ていますが、せん妄は突然発症し、数時間から数週間にわたり症状が継続します。症状が時間とともに変化するのもせん妄の特徴です。

5分前はせん妄状態だった方が、今は正常な精神状態であることがよくあり、継続的あるいは短時間に何回も観察しないと見逃してしまいます。現状では、このような特徴を理解している医療者がそれほど多くないこともあり、せん妄の社会的な認知は遅れています。

senmo_01.jpg

■せん妄の原因とは?

senmo_04.jpg

明確な原因は解明されていませんが、高齢者特有の「虚弱な状態」に、何らかの身体的、心理的な引き金因子が加わることで起こると考えられています。

「虚弱な状態」となる原因のビッグ2は、「高齢であること」、そして「脳の機能低下があること(まだ認知症になっていない軽度な低下も含む)」。そこに、急病などの身体的ストレス、薬品に含まれる成分への反応、身内や友人の不幸などの心理的なストレスが引き金因子となり、せん妄が発症します。

旅行先や入院先で起こりやすいのも、環境の変化による心理的ストレスが引き金になったと考えられます。新しい薬が処方されたばかりのときには、それが原因である可能性がありますので、主治医にご相談されるとよいでしょう。

■せん妄が表われたら?

senmo_03.jpg

残念ながら、予防法や治療法として確立されたものはありません。しかし、視力や聴力を矯正する、体調を整えるなど「虚弱な状態」を少しでも緩和したり、せん妄を起こしやすい薬をなるべく服用しない、生活や環境の変化を少なくするなど引き金因子から距離をおいておくことは、予防の一助になるはずです。

また、治療には光や音の過度な刺激を抑え、見慣れた物を周囲に置くなど安らかな環境で療養することが効果的でしょう。なお、せん妄が起きるということは、脳機能の低下が始まっていることが考えられますので、状態が落ち着いてから、認知症の検査を受けることを検討してください。家族や周囲の支えで、身体的・心理的な健康を維持することが大切でしょう。

senmo_02.jpg

がんばらない禁煙「治療」

今度こそ、と何度挑戦しても禁煙できないのには、医学的に明確な理由があります。そのメカニズムと、テレビCMで知られるようになった禁煙治療についてご紹介します。

監修:渡邊 美和子 医師

■なぜ一人での禁煙は続かないのでしょうか?

tabako_05.jpg

タバコを吸うと、それに含まれるニコチンが肺から血液に入り、すぐに脳へ到達します。すると脳内物質のドーパミンが放出され、幸福感やリラックス感が得られます。

さらにまたタバコを吸いたくなり、これらを繰り返しているうちに、イライラしたり集中力が落ちたりといった離脱症状を避けるため喫煙をやめられなくなります。禁煙できないと「意志が弱い」と思われがちですが、それは本人の意志とは関係なく「ニコチン依存症」のため。治療が必要な病気なのです。

■なぜ病院なら禁煙が成功しやすいのでしょうか?

tabako_06.jpg

病院では一人ひとりに合わせて計画的に禁煙治療が行われ、状況に応じてアドバイスを受けられるほか、禁煙治療薬が処方されるため成功率が高まります。

最近ではニコチンを含まない飲み薬も存在しており、これらはニコチン切れに伴う離脱症状を軽くするだけでなく、タバコをおいしいと感じにくくする効果もあるので、無理なく禁煙しやすくなるはずです。

■禁煙治療の内容や期間は?

12週間で5回の診察を行いながら、計画的に禁煙を進めます。
初診時:診察・禁煙治療に関する説明・一酸化炭素濃度検査※・内服の処方を行います。
禁煙開始:内服開始後の1週間は喫煙してもいいですが、徐々に吸いたいと思わなくなってきます。
2週間後・4週間後・8週間後:通院して一酸化炭素濃度検査・内服の処方を行います。
12週間後:最終通院でプログラム終了です。再び喫煙しないように生活習慣の見直しなども行っていきましょう。

※一酸化炭素濃度検査:一酸化炭素はタバコの煙に含まれる代表的な有害物質です。機械に向かって20秒ほど息を履くだけで、その濃度を測定できます。禁煙により数値が減少していきますので、毎回の測定結果を比較することで禁煙の効果を実感できます。

■禁煙治療薬「バレニクリン(商品名:チャンピックス)」とは?

tabako_01.jpg

禁煙パッチやガムといったニコチン補充剤が、イライラなどを和らげて禁煙を助けてくれる禁煙補助薬なのに対し、バレニクリンはニコチン依存症の治療薬です。脳内でニコチンになりすまして離脱症状を軽減します。

また、喫煙時にドーパミンを放出させないため、タバコを吸っても満足感やおいしさを感じにくくなります。服用した人からは、「自然と吸いたくなくなった」 との声をいただいています。

tabako_03.jpg

当クリニックでも禁煙外来を行っております。

→詳しくはこちらから

睡眠と脳の機能の意外な関係。

よく眠ると「頭がすっきりした」「仕事の効率が上がった」「言葉が出てきやすくなった」
普段の生活の中で実感するこうした"頭の冴え"効果以上に、睡眠は脳機能の健康に深い関わりがあることが近年の研究から分ってきました。

■記憶のコツは眠りにあり

sleep_01.jpg

記憶には、連絡先のメモを見ながら電話する時のように数十秒から数ヶ月程度しかもたない「短期記憶」と、自宅kの電話番号のようにずっと覚えている「長期記憶」があります。

短期記憶が長期記憶に転化することを「記憶固定」と言いますが、これが睡眠と密接に関係していることが明らかになりつつあります。

また、睡眠状態は約10~20分程度の浅い眠りで脳は活発に動いている「レム睡眠」と、約70~80分の深い眠りで脳も休んでいる「ノンレム睡眠」に分けられますが、健康な若年者を対象とした実験結果から、「ノンレム睡眠」時に記憶の固定が行われていると考えれらています。

つまり、上手に睡眠を取り入れることで、効率よく記憶ができるというのです。

■眠りの質が将来の脳に影響

nou_01.jpg

米国での研究において、1時間に6回以上睡眠が途切れた人は、5回以下の人よりもアルツハイマー型認知症の患者に蓄積が見られる「アミロイドβ蛋白」が多く形成されるリスクがあることが分りました。

効率的に睡眠できた人に比べ、できなかった人の方がアミロイドβ蛋白が多くなりやすいことも判明。質の低い睡眠は将来の脳の認知機能に影響し、質の高い睡眠は認知症の予防や進行を遅らせるのではないかと考えられています。

また、米国ロチェスター大などのチームがマウスの脳を調べたところ、脳内の隙間を流れる脳脊髄液が毒性のある排泄物を除去していることが明らかになりました。

睡眠中は脳脊髄液の流れる隙間が覚醒時より60%以上も拡大しており、アミロイドβ蛋白を脳に注入すると、睡眠時には覚醒時の2倍の速さで脳脊髄液によって除去されました。

ぐっすり眠った後に頭がすっきりするのは、こうした脳内の掃除とも言える働きのおかげなのかもしれません。

※:ワシントン大学Yo-Ei S ju博士ら研究班がJAWA Neurology(2013: 70: 587-593)に発表。

■いつまでも健康な脳でいるために

power_01.jpg

睡眠の質をいかに高めるか。上記の研究などから、それは今日の"頭の冴え"だけでなく、将来にわたって健康な脳でいられるかどうかに大きく関わっていると考えられています。

そのような中、今、注目されているのが「プラズマローゲン」。脳や心臓、血液など、人の体内にあるリン脂質(細胞膜を形成する主な成分)の一種です。プラズマローゲンを摂取していると、睡眠の途中で目が覚めることが減ったとの感想が多く聞かれます。

また、脳神経細胞に存在するプラズマローゲンが、脳の根本的な機能に大きく関与していることが明らかになりつつあります。アルツハイマー型認知症では血中のプラズマローゲン量が低下することから、発症との強い相関関係も見出されています。プラズマローゲンはさらなる研究が進められており、治療薬やサプリメントとしての活用が期待されます。

歯みがきしているから大丈夫、ではないのが歯石。実は大きな病気の 要因になることが判明しています。歯石およびその除去に関する知識と、 注目のホワイトニングについてご紹介します。

監修:大村 都 先生

■「歯垢」と「歯石」の違い、ご存じですか?

ドクター_画像
歯垢(プラーク)は、爪で歯を引っかくと付着する、白くネバネバしたもの。食べかすだと思っている方も多いのですが、実は細菌の塊であり、歯みがきで取り除けます。

歯石は、この歯垢と唾液中に含まれるカルシウムやリンが結びついて形成される塊(石灰化物)のことです。歯石には2種類あり、歯ぐきの上に付着して目に見えているものは歯肉縁上歯石。

歯ぐきの下に付着した歯肉縁下歯石は表面からは見えないため、レントゲン撮影などでなければ確認できません。わずか2日間で歯垢が歯石になることがあり、できてしまった歯石はその名が示すようにとても硬く、普段の歯みがきで取り除くことができないのです。



■歯石を放置すると、心筋梗塞などのリスクが。

歯石_画像 歯石そのものに病原性はありませんが、表面がザラザラしているために細菌の塊である歯垢が付着しやすくなります。歯と歯ぐきの境界部の歯周ポケットと呼ばれる溝に歯石が入り込んでいると、歯ぐきの内側に歯垢が常に触れている状態になります。

これが歯ぐきの炎症・腫れ・出血といった「歯周病」を引き起こし、やがて歯を支えている骨が溶けはじめる事態に。歯を失う原因は、虫歯よりも歯周病の方が多いのです。

さらに、最近の研究からは、歯周病が心筋梗塞などの心血管や肺の疾患、糖尿病、流産や早産といった様々な病気を引き起こす要因になることが分かっています。そして、実に70%以上の成人が歯周病に罹患していると言われています。



■2ヶ月に1回の歯石除去で、口腔内を健康に。

歯石除去_画像
歯石除去は、歯周ポケット検査と併せて保険診療の範囲内で可能です。一人ひとりの状態を見ながら、専用の機械や器具を使い、フッ化物入りの研磨剤で全ての歯面の清掃と研磨を行います。

「歯が削られてしまうのでは」と心配される方もありますが、超音波タイプの歯石除去機は先端チップの超音波振動で歯石のみを壊すので、歯が削られることはありません。

また、歯石を取り除くと歯が小さくなったように感じたり、歯と歯の間が空いたような感じがして歯が削られたと誤解されることがあります。満80歳で20本以上の歯を残そうという「8020運動」の基本となるのは、日々の歯みがきと歯科医院での歯垢除去。大切な歯をより長く健康に保つために、2ヶ月に1回は歯石除去を行いましょう。



■「ホワイトニング」で、口元にさらなる自信。

ちょっと頭が疲れているだけ...?
歯を白く輝かせ、ビジネスやプライベートでより好印象を与えるホワイトニング。歯石除去の後には、ホワイトニング(自由診療)も併せて受けられることをお勧めします。

東京ミッドタウンデンタルクリニックなら、1回の来院で白くなり、しかも歯の最表面にあるエナメル質も強化。世界的に信頼と評価の高いホワイトニングを安心価格でご提供しています。ぜひお試しください。

東京ミッドタウンデンタルクリニック



whitening.jpg